タダリスの購入について

バイアグラ(先発医薬品)と言うED薬が発売されるようになり、15年が過ぎようやく日本でもジェネリック医薬品と言う後発医薬品が発売されても良い年になりました。
バイアグラの特許が今年で切れることから、この後発医薬品であるジェネリック医薬品の発売が許されるのです。
なぜこのように長い特許期間が許されるのかと言いますと、この先発医薬品を開発するに当たり、相当額の投資をすることになります。
全くゼロからの出発であり、開発が成功するまでのどのくらい時間もかかるのか判らないものへの投資ですから、販売が出来るようになった時はその資金をキチンと回収出来るようでないといけません。

そんなことから薬に対しては、長期の特許期間が認められているのです。
ですからバイアグラの発売以降は、レビトラとシアリスと言ったバイアグラを改良した製品の発売は認められて来たのですが、ジェネリック医薬品の発売には至らないはずでした。
しかしインドでは、この特許を認めない法律が通っていたため、自由にジェネリック医薬品を研究し、販売出来るようになっていたのです。
シラグラとかカベルタ、サビトラやタダリスなどの薬がそのジェネリック医薬品に相当します。
これらの医薬品については、バイアグラやレビトラ、シアリス等と同様な成分で作られていることから効き目も同じようであり、また副作用も同じように発症するようです。

このジェネリック医薬品と言われるED薬の中でも、効果が最も大きいと言われるのがタダリスではないでしょうか。
それはシアリスのジェネリック医薬品であると共に、効果の違いがかなり明白になっているのです。
タダリスの特長は長時間の効果持続であり、10mgで24時間~30時間、20mgで30時間~36時間となっています。
これだけ長い時間の持続は要らないと言う人も多いと思われますが、中には絶倫と言われた過去を思い出し、このタダリスのお世話になる人も多いのではないでしょうか。

またジェネリック医薬品と言うことでシアリスと比べると相当安価な設定になっています。
シアリスの5分の1以下、10分の1近くの価格でも購入出来るようになっています。
このED薬は残念なことに日本の販売許可はまだ下りていません。
そんなことから購入するためには、海外からの個人輸入代行者に頼ることになります。
インターネット上では、多くのWEBサイトが開かれていて、どの輸入代行者に依頼すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。
このジェネリック医薬品の購入で大事なことは、正規品を購入することです。
ですから安心出来、信頼が出来る輸入代行者を探すことになり、それはサイトの内容も大切ですが、口コミなどを良く読んでみてたくさんの情報を仕入れることも大切な作業になると思われます。
ジェネリック医薬品と言う先発医薬品から比べ、かなり安価な製品を購入することになるのですが、安いからなんでも良いと言うのではありません。
薬であるからこそ、正規品の購入を目指して欲しいのです。

Comments are closed.