ED治療薬のランニングコストを抑えるタダリス

会社を経営する上で必ず必要になるのが、ランニングコストの計算です。
例えば蛍光灯やコピー用紙、コピー機のインクカートリッジ等、業務をする上で消費していく物品は沢山あるでしょう。
また、業務に使うコンピュータも、ハードにするため数年単位で交換する必要が生じます。
こうした消耗品にかかるランニングコストを抑えながら、いかに質の良い製品をチョイスしていくかが、物品管理者の腕の見せ所でしょう。
実はこれは、普段の生活で必要になる医薬品に関しても同じ事が言えます。
特に長期間使い続ける医薬品は、より安価で効果の高いものを使用したい所ではないでしょうか。
例えばED治療薬に関しては、日本国内ではジェネリックが登場していない事から、ランニングコストがかかる事は致し方ないことだと思われがちです。
しかし、輸入代行業者を通じて海外ジェネリックを入手すれば、ED治療薬のランニングコストは大きく引き下げる事が出来るのです。
さて、ED治療薬といえばバイアグラを始め、レビトラ、シアリスといった代表的な薬が存在しています。
同様にそれぞれのジェネリック版も海外では登場しているので、治療薬ごとの性格を知って、自分に適したものを選ぶ事がランニングコストの低減には効果的でしょう。
というのは、いくら価格が安くても使い心地が気に入らなければ、使い続けにくいからです。
そこで、ここではシアリスのジェネリックであるタダリスについて、その特徴を述べたいと思います。
シアリス同様にタダラフィルを主成分としているタダリスは、最大で36時間という長い持続時間を持っており、他のED治療薬の6倍以上も効果が持続する治療薬であると言えます。

また、使い心地に関しても特徴があり、非常にマイルドに効果が現れるとされています。
この効果の現れ方に関しては、物足りなく感じる方もいらっしゃるかも知れません。
ですが、効果の持続時間が長いので、セックスをした翌日も効果が持続している事を考えると、あまりガツンと効果が現れない方が良いと言えるかも知れません。

例えば、タダリスを使ってセックスをした翌日にデートをしていたとしましょう。
そのデート中に性的興奮を覚えた時、治療薬の効き目がガツンと現れると困るのではないでしょうか。
長時間効果が持続する事と効き方がマイルドな事は、両者合わせて上手くバランスのとれた使用感へと繋がる様になっているのです。
さて、この様な特徴を持つタダリスですが、肝心なランニングコストはどうなのでしょうか。
通常、新薬であるシアリスは4錠6,000円程と、バイアグラ等と同程度の価格となっています。
一方、ED治療薬のジェネリックは新薬の半額程度で購入出来ます。
これだけでも安いと言えるのですが、海外ジェネリックはまとめ買いをする程に安く買える傾向があるので、個人輸入代行業者でタダリス7箱を纏めて買った場合の価格を見てみましょう。
その価格は何と4錠入り1箱あたり800円以下となるのです。
新薬の7分の一の価格は安いとしか言いようが無いでしょう。
それでいて、機能は新薬とほぼ同等なのですから、コストパフォーマンスは非常に高く、ランニングコストを引き下げるのに最適だと言えるのです。

Comments are closed.